BANNER


IMAGES

再生医療の定義は、細胞や組織製品、それに生体適合性を具え、細胞を成長させるバイオメディカル材料を利用し、人体の組織や臓器を取り替えたり、修復したりする機能を指す。MarketsAndMarketsの研究レポートによると、2016年の世界の再生医療市場の生産額は134.1億米ドルで、引き続き複合年間成長率(CAGR)は23.6%の成長となり、2021年には市場生産額が387億米ドルに達すると予想されている。市場規模及び成長性からみると、市場規模は北米地域が最大で、市場成長幅はアジア太平洋地域が最大となっている。その中で、日本は再生医療産業の勃興と発展において、最も成長潜在力を具えた国となっている。 日本では細胞治療と再生医療医薬品の安全を迅速に発展させ、患者が適時に有効な新治療を受けられるようにするため、国会で2014年に薬事法が改正され、《医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律》及び《再生医療等の安全性の確保等に関する法律》の二つの法律が新たに公布された。近年、日本、米国、韓国等では再生医療方面で新たな試みがされており、日本は誘導多能性幹細胞の研究方面に大量の資源を投入し、世界のリーダー的地位にあり、再生医療法もその他の国々の先頭を走っている。 現在我が国の細胞治療の主管機関は衛生福利部食品薬物管理署(TFDA)である。細胞治療研究の勃興と発展に対処するため、TFDAは2014年8月8日に「再生医学諮問チーム」を設立し、多様な治療の選択を加速させ、台湾の細胞治療産業の発展を促進している。このほか、バイオテクノロジー医薬は政府の推進する五大イノベーション産業政策の一つであり、行政院は積極的に関連法の規制緩和を推進している。経済部はバイオテクノロジー産業発展の妨げになるバイオテクノロジー新薬条例の修正案を特別に提出し、立法院本会議及び2016年末の三読で「バイオテクノロジー新薬産業発展条例」の修正案を通過させた。高リスク医療機器と新興バイオテクノロジー医薬品に対するバイオテクノロジー新薬業の適用範囲の拡大により、新興バイオテクノロジー医薬品を適用範囲に含め、産業が細胞治療分野の新技術、新製品の開発に投資するのを奨励する。 このたびのフォーラムは台日双方の専門家と学者をお招きし、「進化歴程及び法規」と「技術の検討及び討論」の二大方向で経験を分かち合い、我が国の再生医療産業が引き続き発展し、国内により完全な再生医療製品を提供し、国民に幸福をもたらすことを期待している。

 主催機関:

台湾日本関係協会科学技術交流委員会

 指導機関:

経済部技術処

 執行機関:

財団法人中華経済研究院

 連携機関:

台湾細胞医療促進協会