BANNER

( IEで閲覧することをお勧めします)
IMAGES
 

台湾は2018年に高齢社会(65歳以上の高齢者人口が14%を超える)になったが、2026年には超高齢社会(20%を超える)に突入する。高齢社会から超高齢社会になる期間がわずか8年に過ぎないことは、台湾の高齢化のスピードが欧・米・日等の先進国を超え、言わば「急速に高齢化する社会」になったことを意味する。近い将来、台湾は超高齢社会の進展がもたらす医療ケアニーズと費用の急速な増加、人手不足、それに医療ケアの品質を向上させるのと同時に、いかに合理的なサービスのコストを維持するのかといった問題に直面することは避けられず、このことが台湾経済の中長期成長にとってボトルネックになるであろう。近年、IoT、ビッグデータ分析、AI、ロボットといったスマート技術が成熟してその応用が発展し、今後スマート技術は医療サービス分野において医療機器の応用と結びつき、さらに新たな価値を創造するスマート医療技術システムを形成し、それが世界の医療ケアサービスモデル発展の主流となるばかりか、超高齢社会の問題を解決する重要な方法となるであろう。これに対し、日本は十数年前に超高齢社会に突入し、スマート医療・ケアの技術の普及と活用がより進んでおり、例えばAI医療機器と応用、AI免疫治療、スマートホスピタル、地域的スマートヘルスケアシステムの構築等、台湾は参考にし、協力もできる。 日台のスマート医療技術のイノベーションと応用協力のコンセンサスを図り、戦略の方向性を見出すため、台湾日本関係協会科学技術交流委員会は経済部技術処の指導の下、日台双方の専門家や学者を招いて一堂に集め、スマート医療技術をテーマに共有と討論を行い、コンセンサスを図るとともに、日台がスマート医療技術のイノベーションと産業化応用を共に発展させる。

 主催機関:

台湾日本関係協会科学技術交流委員会

 指導機関:

経済部技術処

 共催機関: 台湾生物産業発展協会

 執行機関:

財団法人中華経済研究院