Taiwan Nippon Science Technology -- 2016/11/28 「日台スマートマシンシンポジウム」
Untitled Document

台日科学技術情報サイト個人情報保護条項



台日科学技術情報サイト(以下、本サイト)は個人情報の保護を実現するため、行政院個人情報保護法(以下、本条項)第8条規定に依拠し、下記事項を告知する。


個人情報保護法等の関連法令規定に依り、主管機関の許可する特定目的範囲内において収集した姓名、電子メールアドレス、会社名、住所・連絡先、郵便番号、国・地域、電話番号、ファックス番号、携帯電話番号、性別、職業等、前述した個人情報は、本条項とは別に約定がある場合、会員が違法、権利侵害、本条項に違反をした可能性がある場合、或いは本人の同意を得た場合を除き、本サイトは会員の個人情報を第三者に提供しない。

ただし、下記の状況下において、本サイトは会員の個人情報または関連する電気通信情報を調査または関連政府機関に提供するか、或いはその権利が侵害されたことを主張するとともに、証明するのに適当な第三者に提出する場合がある。もし下記状況の一つがあり、情報を調査または使用する者は、個人情報関連法令規定に違反しない。

(1) 法令規定に依る、或いは司法機関またはその他の関連政府機関の命令または規範に依る
(2) 会員の法令違反、第三者権益侵害、或いは本条項または使用すべき各種規範または約定違反
(3) 本システムの安全または経営者の合法権益を保護するため
(4) その他会員またはその他第三者の合法権益を保護するため
(5) 本システムの正常作動を維持するため
(6)前述以外に必要な事由で、訳もなく個人情報を公開するわけではない状況

このほか、本サイトに提供された会員個人情報については、行政院個人情報保護法第3条規定に依拠し、本人は以下の権利を行使することができる。
(1) 照会または閲覧請求
(2) 複製本の作成請求
(3) 補充または訂正請求
(4) 収集、処理、利用の停止請求
(5) 削除請求


もし上記の必要があれば、E-MAILにて本サイト管理者蔡(tsaiky@cier.edu.tw)まで連絡すること。このほか、本条項の関連使用規範及び約定は、すべて中華民国法令を準拠法とし、会員サービス、または本条項の関連使用規範及び約定により生じた争議は、それにより訴訟が起きた場合、台湾台北地方裁判所が第一審管轄裁判所となることに合意する。

×

2016/11/28 「日台スマートマシンシンポジウム」   
20161128「「日台スマートマシン シンポジウム」

 

 


近年、テクノロジーの発展により、これまで人間が行なっていた作業がどんどん機械やロボットに取って代わられている。作業の効率化や人件費を削減する為に、業務の自動化は今後もどんどん進んで行く中、生産ラインの構成が変化してきた事に伴い、産業用ロボットを中心とする自動化産業が多くの関心を集め始めている。世界における産業用ロボットの3分の2が日本で生産され、そのうちの3分の1が日本で稼働しており、主として自動車や電子部品の工場などで使われている。
一方、製造業以外の様々な分野での知能自動化も進んでいる。例えば、自動車、ヘルスケア、農業、介護、金融などの領域にも自動化の波が訪れている。我々の日常生活では、まだロボットの形すらしていないが、Siriのような機械型アシスタントや自動翻訳なども、テクノロジーの進化による知能自動化の一つの姿である。
同時に、最近では人工知能(AI)技術の急速な進化によって、さまざまな技術革新が起こると期待されている。運輸分野の自動運転や、製造分野のIndustrial Internetや Industries 4.0によってAIの活用が急速に進んでいる。
以上の背景を鑑み、亜東関係協会科学技術交流委員会と台湾科技部は、知能自動化に対する注目と認識を高めるため、また、日台知能自動化分野においての協力を促進するため、この度、大阪大学及び同学の産業科学研究所の共催で、日台の関連分野で活躍する専門家や学者を招聘し、財団法人中華経済研究院に執行を委ね、「日台スマートマシンシンポジウム」を開催する運びとなりました。
シンポジウムは全プログラムが無料でございます。各界のエキスパートの皆様、奮ってご参加ください!(講演は中国語と日本語にて行います。会場には中日同時通訳がございます。)

 

 

 

 主催機関:

亜東関係協会科学技術交流委員会、台湾科技部

 共催機関:

大阪大学、大阪大学産業科学研究所

 後援機関:

台北駐大阪経済文化弁事処

 執行機関:

財団法人中華経済研究院

 

   

 

時 間 Time

テーマ Subject

スピーカー Speaker

09:10-09:30

受  付  Registration

09:30-09:40

【主催者挨拶】

蔡明祺(Tsai, Mi-Ching) 政務副大臣 台湾科技部

【共催者挨拶】

  中谷和彦(Nakatani, Kazuhiko) 教授/所長 大阪大学産業科学研究所

【貴賓挨拶】

 陳訓養(Chen, Shin-Yang) 処長 台北駐大阪経済文化弁事処

09:40-10:40

【議題一】人工知能の研究

座長: 松本和彦(Matsumoto, Kazuhiko) 教授 大阪大学産業科学研究所

09:40-10:05

人工知能とユーザ、聴衆のコラボ
による楽曲生成

沼尾正行(Numao, Masayuki)教授
大阪大学大学院
産業科学研究所/大学院情報科学研究科

10:05-10:30

Soft Humanoid Robot

細田耕(Hosoda, Koh) 教授
大阪大学
基礎工学研究科 適応ロボット学グループ

10:30-10:40

Q & A

10:40-11:00

Coffee Break

11:00-12:00

【議題二】台湾発展経験

座長:ョ永祥(Lai, Yung-Hsiang) 社長 (財)精密機械研究発展センター

11:00-11:25

「スマート技術」による台湾機械産業
のイノベーションと転換を促進

葉哲良(Yeh, Jer-Liang)副執行秘書
台湾行政院科技会報オフィス

11:25-11:50

スマートマシン関連研究と発展  馮展華(Fong, Zhang-Hua)学長
国立中正大学

11:50-12:15

スマートマシン技術推進ケーススタディ

邱顯俊(Chiou, Shean-Juinn)学科長
国立中興大学機械工程学科

12:15-12:30

Q & A

12:30-14:00

昼 食 Lunch

14:00-15:00

【議題三】技術最前線

座長:馮展華(Fong, Zhang-Hua) 学長 国立中正大学

14:00-14:25

Beyond Human

金子真(Kaneko, Makoto)教授
大阪大学大学院
工学研究科機械工学専攻 知能機械部門

14:25-14:50

台湾における3Dプリント技術の
現状と発展

侯帝光(Hou, Ti-Kuang)教授
国立聯合大学機械工程学科

14:50-15:15

「機械の目」を実現する技術
 −農業機械の人検出を事例に−

岩田健司(Iwata, Kenji) 主任研究員
国立研究開発法人産業技術総合研究所
知能システム研究部門
コンピュータビジョン研究グループ

15:15-15:25

Q & A

15:25:16:25

【議題四】産業応用

座長: 葉哲良(Yeh, Jer-Liang) 副執行秘書  台湾行政院科技会報オフィス

15:25-15:50

 ロボットテクノロジーの産業応用

相山康道(Aiyama, Yasumichi)教授
筑波大学システム情報系

15:50-16:15

スマート機械産業イノベーション
の機会と挑戦

ョ永祥(Lai, Yung-Hsiang)社長
(財)精密機械研究發展センター

16:15-16:25

Q & A

16:25-16:30

【記念写真撮影】

16:30-16:50

Coffee Break

16:50-17:30

【パネルディスカッション】日台スマートマシン分野における協力及び展望

座長:蔡明祺(Tsai, Mi-Ching) 政務副大臣 台湾科技部

  葉哲良(Yeh, Jer-Liang) 教授

  邱顯俊(Chiou, Shean-Juinn) 学科長

  沼尾正行(Numao, Masayuki) 教授

  金子真(Kaneko, Makoto) 教授

  細田耕(Hosoda, Koh) 教授

  侯帝光(Hou, Ti-Kuang) 教授

  ョ永祥(Lai, Yung-Hsiang) 社長

  岩田健司(Iwata, Kenji) 主任研究員

  馮展華(Fong, Zhang-Hua) 学長

  相山康道(Aiyama, Yasumichi) 教授

※登壇順

18:00-20:00

【懇親交流会】

場所:大阪千里阪急ホテル 「樹林の間」

 ※ シンポジウム内容などにつきましては、予告なく変更となる場合がございます。予めご了承ください。
 

開催日時:

2016年11月28日(月)09:30〜17:30(09:10受付開始)

開催場所:

千里阪急ホテル 東館2階「アイヴィーホール」

(大阪府豊中市新千里東町2丁目1番) [地図]

招聘対象:

関連分野の産官学研人士

申込期間:

即日より定員に達し次第、受付を終了させていただきますので(80人)、お見逃しのないよう、お早めにお申込ください。

申込方法:

「個人情報保護法」の規定を遵守するため、本活動で収集された申込者に関する情報(姓名、肩書き、電話、ファックス、e-mail、住所等)は、本活動の通知、管理、サービス分析にのみ使用させていただきます。

1. <オンライン申込>
(本活動サイト
http://japan.tnst.org.tw/front/bin/ptdetail.phtml?Part=3-054&Rcg=47 にて受付けます)

2. FAX: 03-5765-5833 ; またはe-mail:hoshihara@cier.edu.tw
(FAXまたはemailで申込書をお送りの方は、個人情報の提供に同意されたものとみなします)

使用言語:

日本語と中国語(日中同時通訳付)
名刺」と引き換えに、ヘッドホンをお貸しいたします)

お問合せ:

財団法人中華経済研究院 東京事務所 (担当:星原・楊 (ヤン))、 TEL:03-5765-5821

ダウンロード:参加申込書

Untitled Document
  • 本サイトを最適な環境でご覧いただくために画面解像度は1024×768にご設定ください。