Taiwan Nippon Science Technology -- 2017/11/28 「日台次世代移動通信技術の開発と応用戦略シンポジウム」
Untitled Document

台日科学技術情報サイト個人情報保護条項



台日科学技術情報サイト(以下、本サイト)は個人情報の保護を実現するため、行政院個人情報保護法(以下、本条項)第8条規定に依拠し、下記事項を告知する。


個人情報保護法等の関連法令規定に依り、主管機関の許可する特定目的範囲内において収集した姓名、電子メールアドレス、会社名、住所・連絡先、郵便番号、国・地域、電話番号、ファックス番号、携帯電話番号、性別、職業等、前述した個人情報は、本条項とは別に約定がある場合、会員が違法、権利侵害、本条項に違反をした可能性がある場合、或いは本人の同意を得た場合を除き、本サイトは会員の個人情報を第三者に提供しない。

ただし、下記の状況下において、本サイトは会員の個人情報または関連する電気通信情報を調査または関連政府機関に提供するか、或いはその権利が侵害されたことを主張するとともに、証明するのに適当な第三者に提出する場合がある。もし下記状況の一つがあり、情報を調査または使用する者は、個人情報関連法令規定に違反しない。

(1) 法令規定に依る、或いは司法機関またはその他の関連政府機関の命令または規範に依る
(2) 会員の法令違反、第三者権益侵害、或いは本条項または使用すべき各種規範または約定違反
(3) 本システムの安全または経営者の合法権益を保護するため
(4) その他会員またはその他第三者の合法権益を保護するため
(5) 本システムの正常作動を維持するため
(6)前述以外に必要な事由で、訳もなく個人情報を公開するわけではない状況

このほか、本サイトに提供された会員個人情報については、行政院個人情報保護法第3条規定に依拠し、本人は以下の権利を行使することができる。
(1) 照会または閲覧請求
(2) 複製本の作成請求
(3) 補充または訂正請求
(4) 収集、処理、利用の停止請求
(5) 削除請求


もし上記の必要があれば、E-MAILにて本サイト管理者蔡(tsaiky@cier.edu.tw)まで連絡すること。このほか、本条項の関連使用規範及び約定は、すべて中華民国法令を準拠法とし、会員サービス、または本条項の関連使用規範及び約定により生じた争議は、それにより訴訟が起きた場合、台湾台北地方裁判所が第一審管轄裁判所となることに合意する。

×

2017/11/28 「日台次世代移動通信技術の開発と応用戦略シンポジウム」   
20171128日台次世代移動通信技術の開発と応用戦略シンポジウム

 ( IEで閲覧することをお勧めします)

移動通信の技術は非常に急速な発展を遂げている。1990年代の2G(GSM)から2000年代の3G、更には現在の4Gまでわずか20数年。その上、世界の移動通信業者の視線は早々に次世代移動通信に向けられている。2020年には、5Gの時代が大きく花を開くと予測されている。その時には、人々の移動通信生活はやがて5Gの出現により、ビッグデータとの結合、スマート化及びクラウド等の関連技術の発展に伴って、よりスマート化へと進み、工業モデルをも覆し、更に多くの斬新な経営モデルと商機がもたらされていく一方と見られる。

「次世代移動通信」技術がすでに全世界の科学と技術の革新と産業発展をもたらす重要な一因となっていることから、主要国家はすでにその将来性を見越して布石を打っていた。日本では産官学研の各組織がコンセンサス形成を強化し、戦略的方向を策定することにより、日本での5Gの発展を加速させている。台湾でも情報通信産業の優位性を維持するとともに、将来的なモバイルブロードバンドに対するニーズを見越し、2016年に「デジタル国家・イノベーション経済発展計画(2017-2025年)」を実施し、「先進的デジタル科学技術の研究開発」の行動計画を推進している。

台湾日本関係協会科学技術交流委員会及び台湾科技部は、日台次世代移動通信分野の技術のイノベーションと応用モデルの展開を促進させるため、日本のICT技術研究の重鎮―横須賀リサーチパーク(YRP)研究開発推進協会のご協力を得て、「次世代移動通信の技術開発と応用戦略」と題して、日台の関連分野の先端スペシャリストを招聘し、中には台湾側の国立交通大学、国立清華大学、工業技術研究院、中華電信研究院、メディアテックジャパン株式会社の代表者、更には日本の移動通信領域研究成果で以って世界中に認められている東北大学電気通信研究機構の安達文幸特任教授、株式会社NTTドコモ先進技術研究所、国立研究開発法人情報通信研究機構、富士通株式会社、日本電気株式会社の代表者らが一堂に会して、研究成果の発表や応用戦略モデルについての対談の場を設けた。これを機に相互の経験を吸収し、プロアクティブな発展構想の凝集、斬新な日台協力関係の構築を図っていきたい所存である。 全プログラム参加費無料、各界のエキスパートの皆様、奮ってご参加ください!(日中同時通訳付き)

 

 

 主催機関:台湾日本関係協会科学技術交流委員会、台湾科技部

 共催機関:YRP研究開発推進協会

 執行機関:財団法人中華経済研究院

   

 

 

時 間 Time

テーマ Subject

 講 演 者 Speaker

09:10 - 09:30

受 付 Registration

09:30 - 09:45
【 主催者挨拶】
許有進(Hsu, Yu-Chin) 政務副大臣 台湾科技部
【 共催者挨拶】
甕昭男(Motai, Akio) 会長 YRP研究開発推進協会

【記念写真撮影】

09:45 - 10:45

【議題一】5Gの発展戦略

座長:張麗鳳(Chang, Li-Fung) シニア顧問 財団法人工業技術研究院情報と通信研究所

09:45 - 10:10 5G実現に向けドコモの取組み 〜無線アクセス実証実験とシステムトライアル〜

奥村幸彦(Okumura, Yukihiko) 主幹研究員
株式会社NTTドコモ先進技術研究所
5G推進室 5G方式研究グループリーダ

10:10 - 10:35

通信事業者の次世代モバイルネットワーク
へ向けた際のチャレンジと新たなチャンス

高凌志(Ling-Chih Kao) マネージャー
中華電信研究院無線通信研究所

10:35 - 10:45

Q & A

10:45 - 11:05 Coffee Break

11:05 - 12:30

【議題 二】5Gのシステムデザイン

座長:安達文幸(Adachi, Fumiyuki) 特任教授 東北大学電気通信研究機構

11:05 - 11:30

台湾の5Gネットワーク発展への道のり

張麗鳳(Chang, Li-Fung ) シニア顧問
財団法人工業技術研究院情報と通信研究所

11:30 - 11:55

5G時代におけるマイクロセルの柔軟な
展開を実現するための研究開発

石津健太郎(Ishizu, Kentaro) 研究マネージャー
国立研究開発法人情報通信研究機構
ワイヤレスシステム研究室

11:55 - 12:20

5G Massive IoT Protocols and Applications

曾U棋(Tseng, Yu-Chee) 講座教授
国立交通大学

12:20 - 12:30

Q & A

12:30 - 14:00

昼 食 Lunch

14:00 - 15:00

【議題三】5Gの先見技術

座長:曾U棋(Tseng, Yu-Chee 講座教授  国立交通大学

14:00 - 14:25

5Gブロードバンド通信の実現に向けた分散 MIMO無線通信技術の最近の進展

安達文幸(Adachi, Fumiyuki) 特任教授
東北大学電気通信研究機構

14:25 - 14:50

5Gダウンリンク無線通信における
非直交多元接続技術

王晉良(Wang, Chin-Liang) 特聘教授
国立清華大学電機工程学系と通訊工程研究所

14:50 - 15:00

Q & A

15:00 - 16:45

【議題四】5Gの産業動向

座長:石津健太郎(Ishizu, Kentaro) 研究マネージャー 
国立研究開発法人情報通信研究機構
ワイヤレスシステム研究室

15:00 - 15:25

5G実現に向けた富士通の研究開発の取り組み

関宏之(Seki, Hiroyuki) シニアマネージャー
 富士通株式会社
ネットワークプロダクト事業本部
次世代ソリューション統括部

15:25 - 15:50

MediaTek 5G: from Technology toward Commercialization

岡田昇(Okada, Noboru) テクニカルマネージャー
メディアテックジャパン株式会社

15:50 - 16:15

NECの5Gへの取り組み

松永泰彦(Matsunaga, Yasuhiko)
シニアマネージャー
日本電気株式会社システムプラットフォーム研究所

16:15 - 16:25

Q & A

16:25 - 17:45

Coffee Break

16:45 - 17:30


【パネルディスカッション】5G社会に向けての革新的思考と日台連携の展望

座長:許有進(Hsu, Yu-Chin) 政務副大臣 台湾科技部

奥村幸彦  主幹研究員

安達文幸 特任教授

高凌志   マネージャー

王晉良  特聘教授

張麗鳳   シニア顧問

関宏之  シニアマネージャー

石津健太郎 研究マネージャー

 松永泰彦   シニアマネージャー

曾U棋   講座教授

 

※登壇順         

18:00 - 20:00

【懇親交流会】

場所:横須賀リサーチパーク ローステリア

注: 日程表更新中,主催機関はプログラム及び講師を変更する権利を有します。

 

開催日時:

2017年11月28日(火)09:30〜17:30(09:10受付開始)/ 18:00〜20:00懇親交流会

開催場所:

横須賀リサーチパーク YRPホール(YRP 1番館1階, 神奈川県横須賀市光の丘3番4号)地図

招聘対象:

関連分野の産官学研人士

申込期間:

即日より定員に達し次第、受付を終了させていただきますので(100人)、お見逃しのないよう、お早めにお申込ください。

申込方法:

「個人情報保護法」の規定を遵守するため、本活動で収集された申込者に関する情報(姓名、肩書き、
電話、ファックス、e-mail、住所等)は、本活動の通知、管理、サービス分析にのみ使用させていただきます。

1. <オンライン申込>
(本活動サイト
http://japan.tnst.org.tw/front/bin/ptdetail.phtml?Part=3-057&Rcg=47 にて受付けます)

2. FAX: 03-5765-5833 ; またはe-mail: ishii@cier.edu.tw 
(FAXまたはemailで申込書をお送りの方は、個人情報の提供に同意されたものとみなします)

使用言語:

日本語と中国語(日中同時通訳付)
名刺」と引き換えに、ヘッドホンをお貸しいたします)

お問合せ:

財団法人中華経済研究院 東京事務所 (担当:石井・楊 (ヤン))、 TEL:03-5765-5821

ダウンロード:参加申込書

 

  イベント QR Code  

Untitled Document
  • 本サイトを最適な環境でご覧いただくために画面解像度は1024×768にご設定ください。