Untitled Document

台日科学技術情報サイト個人情報保護条項



台日科学技術情報サイト(以下、本サイト)は個人情報の保護を実現するため、行政院個人情報保護法(以下、本条項)第8条規定に依拠し、下記事項を告知する。


個人情報保護法等の関連法令規定に依り、主管機関の許可する特定目的範囲内において収集した姓名、電子メールアドレス、会社名、住所・連絡先、郵便番号、国・地域、電話番号、ファックス番号、携帯電話番号、性別、職業等、前述した個人情報は、本条項とは別に約定がある場合、会員が違法、権利侵害、本条項に違反をした可能性がある場合、或いは本人の同意を得た場合を除き、本サイトは会員の個人情報を第三者に提供しない。

ただし、下記の状況下において、本サイトは会員の個人情報または関連する電気通信情報を調査または関連政府機関に提供するか、或いはその権利が侵害されたことを主張するとともに、証明するのに適当な第三者に提出する場合がある。もし下記状況の一つがあり、情報を調査または使用する者は、個人情報関連法令規定に違反しない。

(1) 法令規定に依る、或いは司法機関またはその他の関連政府機関の命令または規範に依る
(2) 会員の法令違反、第三者権益侵害、或いは本条項または使用すべき各種規範または約定違反
(3) 本システムの安全または経営者の合法権益を保護するため
(4) その他会員またはその他第三者の合法権益を保護するため
(5) 本システムの正常作動を維持するため
(6)前述以外に必要な事由で、訳もなく個人情報を公開するわけではない状況

このほか、本サイトに提供された会員個人情報については、行政院個人情報保護法第3条規定に依拠し、本人は以下の権利を行使することができる。
(1) 照会または閲覧請求
(2) 複製本の作成請求
(3) 補充または訂正請求
(4) 収集、処理、利用の停止請求
(5) 削除請求


もし上記の必要があれば、E-MAILにて本サイト管理者蔡(tsaiky@cier.edu.tw)まで連絡すること。このほか、本条項の関連使用規範及び約定は、すべて中華民国法令を準拠法とし、会員サービス、または本条項の関連使用規範及び約定により生じた争議は、それにより訴訟が起きた場合、台湾台北地方裁判所が第一審管轄裁判所となることに合意する。

×

2018/09/10-11「2018台日科学技術フォーラム:AIの未来生活への応用とイノベーション」   
20180910-11「2018台日科学技術フォーラム」

BANNER

( IEで閲覧することをお勧めします)

     台湾日本関係協会科学技術交流委員会は2003年より、毎年「台日科学技術フォーラム」を開催しており、台日が共に関心のあるテーマを選定し、台日の産官学研のハイレベルの方々をお招きしてご臨席いただくことにより、コンセンサスを結集し、先見性のある科学技術発展構想を構築してきた。そして、台日科学技術交流レベルの向上及び実質的な交流成果の拡散という目的を達成し、今では台日間の科学技術ハイレベル交流・対話の代表的なプラットフォームとなっている。

     近年人工知能(AI, Artificial Intelligence)の発展が多くの分野で極めて大きな注目を浴びている。特に、2010年以降はGPU等のグラフィックプロセッサ技術及びビッグデータベース(Big data base)設置技術の急速な発展により、AI発展の主流はすでに推論、探索、専門家の知識収集、機械学習等科学技術の実験段階から、「分散型ディープラーニング(Distributed deep learning)」の活用へと商業化段階に突入している。なお、「ディープラーニング」は機械学習(Machine learning)と畳み込みニューラルネットワーク(CNN, Convolutional Neural Network)をアルゴリズムとアクティブデータベースに結びつけて絶え間なく学習し続けることによって、視覚と音声で正確にターゲットを認識するAI科学技術であり、産業界も大量にその技術を各商業や生産活動に応用するようになった。その為、AI科学技術はもはや研究用途に限定されず、各種イノベーション応用サービスに多元的に展開され、さらに新市場で多くの商機を見出し、各種製造またはサービス現場の付加価値を高めている。

     ますます多くのAIがすでに交通、医療、小売・サービス等異なる分野で応用され、ある程度突破を遂げており、商業活動と生活の中で実現し始めている。今後は新たな各種応用とイノベーションがより急速に展開し、異業種間の協力もより積極的となり、各種新技術と新分野の発展が人類未来の生活に影響を与え、経済、産業及び社会の発展に衝撃を与えることは言わずとも明らかである。関連分野の科学技術のイノベーションと応用モデルの発展を強化するため、2018台日科学技術フォーラムは「2017台日科学技術フォーラム:人工知能新時代−超スマート社会へ向けての課題と展望」の開催を基礎として、「AIの未来生活への応用とイノベーション」をテーマにAIの展望と動向、スマート医療とモバイルにおける科学技術の応用、未来社会と生活に与える影響等の面に焦点を当てる。また、日本の関連科学技術のイノベーション及び政策制定と実務推進に携わるハイレベルな方々を台湾へお招きし、我が国の関連機関と対談及び交流をして頂き、それによりそのご経験を吸収し、先見性のある発展構想を集結するとともに、新たな台日協力関係を構築する。
本フォーラムは全プログラムが無料でございます。各界のエキスパートの皆様、奮ってご参加ください!

   

主催機関:台湾日本関係協会科学技術交流委員会
指導機関:経済部技術処
執行機関:財団法人中華経済研究院
   

09/10 (月)

時 間 Time

テーマ Subject

スピーカー Speaker

08:30-09:00

受  付 Registration(宴会庁 3F)

09:00-09:15

【 主催機関挨拶】

何美玥(Ho, Mei-Yueh) 主任委員  台湾日本関係協会科学技術交流委員会

【 貴賓挨拶】

邱義仁(Chiou, I-Jen) 会長 台湾日本関係協会
田光弘(Yokota, Mitsuhiro) 首席副代表 公益財団法人日本台湾交流協会台北事務所

09:15-09:20

《紀念写真撮影》

09:20-10:10

【基調講演1】

モデレーター:何建明(Ho, Jan-Ming) 兼任研究員/主任
行政院科技会報オフィス/科学技術計画首席評議専家室

09:20-10:00

「Connected Industries」
実現に向けた経済産業省の取組
〜AI・データ活用のルール整備〜

松田洋平(Matsuda, Yohei) 課長
経済産業省商務情報政策局情報経済課

10:00-10:10

Q & A

10:10-10:30

Coffee Break

10:30-12:00

【テーマ1】自動運転

座長: 陳榮貴(Chen, Jung-Kuei)協理 華創車電技術中心株式会社(HAITEC)

10:30-11:10

自動運転技術の応用

谷口恒(Taniguchi, Hisashi) 代表取締役社長
株式会社ZMP

11:10-11:40

無人運転に始まるデジタル体験の大きな未来

丁彥允(Martin Ting) 総経理 
喜門史塔雷克(7STARLAKE)株式会社

11:40-12:00

Q & A

12:00-13:30

昼 食 Lunch(宴会庁 3F)

13:30-14:20

【基調講演2】

モデレーター:徐碩鴻(Hsu, Shuo-Hung) 司長 科技部工程技術研究発展司

13:30-14:10

量子コンピュータ研究開発の現状と
人工知能との関わり

西森秀稔(Nishimori, Hidetoshi) 教授
東京工業大学科学技術創成研究院

14:10-14:20

Q & A

14:20-15:00

【基調講演3】

モデレーター:張文昌(Chang, Wen-Chang) 董事長 台北医学大学

14:20-15:00

AI Grand Challenges

北野宏明(Kitano, Hiroaki) 代表取締役社長
ソニーコンピュータサイエンス研究所

15:00-15:10

Q & A

15:10-15:30

Coffee Break

15:30-16:40

【テーマ2】スマート医療

座長:張文昌(Chang, Wen-Chang) 董事長 台北医学大学

15:30-16:10

がん医療におけるゲノム情報の活用と
人工知能の可能性

中釜斉(Nakagama, Hitoshi) 理事長・総長
国立研究開発法人国立がん研究センター

16:10-16:40

AIを活用した台湾病院の重大疾病診断治療の
現況と問題:IBM Watson for Oncologyを例に

陳俊佑(Chen, Chun-You)
専任主治医/医療情報執行長
台北市立萬芳医院放射線腫瘍科/情報室

16:40-17:20

【 パネルディスカッション】AIの未来生活への応用とイノベーション及び台日連携の展望
座長:何美玥(Ho, Mei-Yueh)主任委員 台湾日本関係協会科学技術交流委員会


09/11 ()

時 間 Time

テーマ Subject

スピーカー Speaker

08:30-09:00

受  付 Registration(宴会庁 3F)

09:00-10:20

【テーマ3】AIの展望と動向
座長:陳添枝(Chen,Tain-Jy) 名誉教授 国立台湾大学経済学科

09:00-10:30

AIの未来生活への応用とイノベーション

杜奕瑾(Ethan Tu) 董事長
 財団法人台湾人工知能発展基金会

09:30-10:10

AI╳データはビジネスをどう変えるか?

安宅和人(Ataka, Kazuto)
教授/チーフストラテジーオフィサー
慶應義塾大学環境情報学部/ヤフー株式会社

10:10-10:20

Q & A

10:20-10:40

Coffee Break

10:40-12:00

【テーマ4】AI科学技術と社会生活
座長:邱仁鈿(JD Chiou) 代表取締役社長 インツミット株式会社

10:40-11:20

これからの産業と社会に
製造業の知見を活かす

羽田昭裕(Hada, Akihiro) CTO兼総合技術研究所長
日本ユニシス株式会社

11:20-11:50

NECのAI技術〜未来商店の導入実績

王昌元(Andrew Wang) 群副総経理
台湾NEC株式会社
エンタープライズソリューション事業群

11:50-12:00

Q & A

注: 主催機関はプログラム及び講師を変更する権利を有します。
 

開催日時:

2018年9月10日(月曜日,09:00-17:20)、9月11日(火曜日,09:00-12:00)
 ※9月10、11日ともに8:30から受付スタート

開催会場:

台北リージェント台北3F 宴会庁(台北市中山北路2段41号)【地図

受付対象:

関連分野の産官学研ハイレベル人士(優先受付) ※主催機関は参加可否の最終審査権を有します。

使用言語:

中国語・日本語(全プログラムで中国語・日本語の同時通訳がございます。
身分証明書」と引き換えに、ヘッドホンをお貸しいたします)

申込期間:

即日より定員に達し次第、受付を終了させていただきますので(200人)、お見逃しのないよう、お早めにお申込ください。

入  場  料:

無料

申込方法:

「個人情報保護法」の規定を遵守するため、本活動で収集された申込者に関する情報(姓名、肩書き、電話、ファックス、e-mail、住所等)は、本活動の通知、管理、サービス分析にのみ使用させていただきます。

1.  <オンライン申込> (本活動サイト http://www.tnst.org.tw   にて受付けます)

2.FAX: 02-2735-2206 ; またはe-mail: tnstinfo@cier.edu.tw ファックスまたはemailで申込書をお送りの方は、個人情報の提供に同意されたものとみなします

お問合せ:

中華経済研究院日本センター 02-2735-6006#5261 謝淑芬 ;#5263 程昭綺

注意事項

1.お申込の受付が完了した方には、9/5 (水)にe-mailにて「受付完了証」をお送りいたしますので、メールボックスをご確認ください。

2.不可抗力の要因により、主催機関は通知なく、プログラム及び講師を変更する権利を有すものとします。

Download:

参加申込書

QR code:

BANNER

   活動QR Code

 

Untitled Document
  • 本サイトを最適な環境でご覧いただくために画面解像度は1024×768にご設定ください。