Untitled Document

台日科学技術情報サイト個人情報保護条項



台日科学技術情報サイト(以下、本サイト)は個人情報の保護を実現するため、行政院個人情報保護法(以下、本条項)第8条規定に依拠し、下記事項を告知する。


個人情報保護法等の関連法令規定に依り、主管機関の許可する特定目的範囲内において収集した姓名、電子メールアドレス、会社名、住所・連絡先、郵便番号、国・地域、電話番号、ファックス番号、携帯電話番号、性別、職業等、前述した個人情報は、本条項とは別に約定がある場合、会員が違法、権利侵害、本条項に違反をした可能性がある場合、或いは本人の同意を得た場合を除き、本サイトは会員の個人情報を第三者に提供しない。

ただし、下記の状況下において、本サイトは会員の個人情報または関連する電気通信情報を調査または関連政府機関に提供するか、或いはその権利が侵害されたことを主張するとともに、証明するのに適当な第三者に提出する場合がある。もし下記状況の一つがあり、情報を調査または使用する者は、個人情報関連法令規定に違反しない。

(1) 法令規定に依る、或いは司法機関またはその他の関連政府機関の命令または規範に依る
(2) 会員の法令違反、第三者権益侵害、或いは本条項または使用すべき各種規範または約定違反
(3) 本システムの安全または経営者の合法権益を保護するため
(4) その他会員またはその他第三者の合法権益を保護するため
(5) 本システムの正常作動を維持するため
(6)前述以外に必要な事由で、訳もなく個人情報を公開するわけではない状況

このほか、本サイトに提供された会員個人情報については、行政院個人情報保護法第3条規定に依拠し、本人は以下の権利を行使することができる。
(1) 照会または閲覧請求
(2) 複製本の作成請求
(3) 補充または訂正請求
(4) 収集、処理、利用の停止請求
(5) 削除請求


もし上記の必要があれば、E-MAILにて本サイト管理者蔡(tsaiky@cier.edu.tw)まで連絡すること。このほか、本条項の関連使用規範及び約定は、すべて中華民国法令を準拠法とし、会員サービス、または本条項の関連使用規範及び約定により生じた争議は、それにより訴訟が起きた場合、台湾台北地方裁判所が第一審管轄裁判所となることに合意する。

×

2020/09/28-29 「2020台日科学技術フォーラム:デジタル革新と次世代医療」   
2020/09/28-29 「2020台日科学技術フォーラム:デジタル革新と次世代医療」

BANNER


本フォーラムは「会場」と「オンラインのライブ配信」方式で行い、
各界のエキスパートの皆様は奮ってお申し込み、ご参加ください!
 

 台湾日本関係協会科学技術交流委員会は2003年より毎年「台日科学技術フォーラム」を開催しており、台日がともに関心のあるテーマを選定し、台日の産官学研のエキスパートを招聘してきました。それによりコンセンサスを形成し、将来性のある科学技術発展構想を打ち立て、同時に台日の科学技術交流レベルの向上及び実質的な交流成果の普及という目的を達成し、今では台日科学技術のハイレベル交流、対話の正式なプラットフォームとなっています。  
 台湾は先進国の足跡をたどり、次第に超高齢化社会に突入しています。スマートテクノロジーとビッグデータを組み合わせた将来を見据えた治療方法を発展させ、日々拡大し続ける多様化な医療的ケアのニーズに対応するため、超高齢社会から超スマート社会への転換を促進する戦略的方向性を共同で探求することが重要な課題となっています。これに対して、日本産学研界の方々は過去10年間にノーベル医学・生理学賞を4回受賞しており、これらの受賞歴により、日本における次世代医療の普及と応用が進んでいます。また、日本は2007年から超高齢社会に突入し、医療分野におけるスマートテクノロジーの普及と応用の経験も非常に豊富で、超高齢社会の進展に伴う急激な社会コストの増加等の問題に立ち向かっています。例えば、日本政府は2017年から「データヘルス改革推進計画」に取り組んでいます。その内容は、情報通信技術を通じて医療ビッグデータを統合し、個別化されたヘルス管理サービスを提供し、保健医療データプラットフォームの発展を構築しています。また、内閣府の「統合イノベーション戦略推進会議」が策定した「AI戦略2019」では、「健康・医療・介護分野」をAI技術の社会実装に取り組む重点分野と位置付けています。このことから分かるように、日本の次世代医療、スマート医療、医療デジタル変革及び法規制の整備における取り組みは、台湾にとって参考及び交流連携に値するところが多くあります。  
 この度、「2020台日科学技術フォーラム」は、「デジタル革新と次世代医療」をテーマに、AI、IoT、ロボット、5G技術等のスマートテクノロジーに焦点をあて、領域を越えた応用と革新を目的として開催いたします。また、各国での新型コロナウィルス治療薬・ワクチンが急ピッチで研究開発が迫られる現状に応えるべく、医療データの利活用、遠隔医療と5Gの応用、次世代医療と新型コロナウイルス、スマートホスピタルとIoTの発展、スマート医療ソリューションの新動向等に基づいた議題につき、日本の科学技術イノベーション政策の立案と実践推進者を招き、医療分野での革新的な技術の開発と応用に関する台湾と日本のコンセンサスを取得できるよう期待し、両国が「デジタルトランスフォーメーション」における協力の可能性を探り、より良いパートナー関係を築き上げていきます。
すべてのプログラムが無料ですので、各界のエキスパートの皆様は奮ってお申し込み、ご参加ください。

 
   

主催機関:台湾日本関係協会科学技術交流委員会
指導機関:経済部技術処
執行機関:財団法人中華経済研究院
   
09/28 (月)

日本時間 Time

テーマ Subject

スピーカー Speaker

09:30-10:00

会場受付/入室開始

10:00-10:10

【主催機関挨拶】

何美玥(Ho, Mei-Yueh) 主任委員 台湾日本関係協会科学技術交流委員会

【貴賓挨拶】

星野光明(Hoshino, Mitsuaki) 首席副代表 公益財団法人日本台湾交流協会台北事務所
《記念写真》

10:10-11:05

【基調講演1】

座長:林コ生(Lin, Der-Sheng) 処長代理 経済部技術処略歴

10:15-10:55

東北メディカル・メガバンク計画の挑戦
要旨

山本雅之(Yamamoto, Masayuki) 機構長
東北大学東北メディカル・メガバンク機構
略歴

10:55-11:05

Q & A

11:05-11:25

Coffee Break

11:25-13:05

【テーマ1】遠隔医療と5Gの応用

座長:蔡志宏(Tsai, Zse-Hong) 執行秘書 行政院科技会報オフィス(略歴

11:30-12:10

5Gが切り開く医療の未来〜
遠隔診療の実務応用の紹介(要旨)

井h(Ching, Chee) 総経理
遠伝電信株式会社(略歴

12:10-12:50

5Gの概要と様々なパートナーさまとの協創
〜医療分野への展開も見据えた5Gとその課題〜
要旨

大西智之(Onishi, Tomoyuki)
アライアンス推進担当 主査
株式会社NTTドコモ 法人ビジネス戦略部
略歴

12:50-13:05

Q & A

13:05-14:25

昼 食   Lunch

14:25-15:20

【基調講演2】

座長:張文昌(Chang, Wen-Chang) 理事長 台北医学大学(略歴

14:30-15:10

診療情報のビッグデータ化と活用(要旨

永井良三(Nagai, Ryozo) 学長
自治医科大学
略歴

15:10-15:20

Q & A

15:20-15:40

Coffee Break

16:40-15:10

【テーマ2】次世代医療と新型コロナウイルス

座長:陳秀熙(Chen, Hsiu-Hsi) 特別招聘教授 国立台湾大学疫学・予防医学研究所(略歴

16:45-16:25

台湾における新型コロナウイルス
ワクチン開発の新動向 (要旨

劉士任(Liu, Shih-Jen) 最高経営責任者
財団法人国家衛生研究院生物製剤所(略歴

16:25-17:05

カイコ昆虫工場を用いた新型コロナウイルス感染症向けワクチンの開発について(要旨

日下部宜宏(Kusakabe, Takahiro) 教授
九州大学大学院農学研究院 昆虫ゲノム科学分野
略歴

17:05-17:20

Q & A

17:20-17:40

【グローバルスマート医療趨勢の共有】

座長:何美玥(Ho, Mei-Yueh) 主任委員 台湾日本関係協会科学技術交流委員会(略歴

クラウドの趨勢 スマート医療ニューアングル
要旨

何盧穎(Ho, Lu-Ying)
Head of Business Development
台湾アマゾンウェブサービス (AWS)公共部門
略歴

 
09/29 (火)

日本時間 Time

テーマ Subject

スピーカー Speaker

09:30-10:00

会場受付/入室開始

10:00-11:35

【テーマ3】スマートホスピタルとIoTの発展

座長:呉漢章(Wu, Han-Chang) 総経理 Asus Cloud/Asus Life株式会社略歴

10:05-10:45

スマートホスピタル4.0の発展戦略:
台中栄民総医院の経験共有 (要旨

許惠恒(Wayne Huey-Herng Sheu) 院長
台中栄民総医院 (略歴

10:45-11:25

ポストコロナの時代 私達は何を考え、
どう生きるべきか (要旨

北原茂実(Kitahara, Shigemi) 理事長
医療法人社団KNI (略歴

11:25-11:35

Q & A

11:35-11:55

Coffee Break

11:55-13:30

【テーマ4】スマート医療ソリューションの新動向

座長:張智威(Edward Y. Chang) 総経理 HTC健康医療事業部DeepQ (略歴

12:00-12:40

ゲノムビッグデータを利用した
将来の精密医療の発展戦略 (要旨

陳淑貞(Chen, Shu-Jen)
最高技術責任者/共同創業者
ACT Genomics 株式会社 (略歴

12:40-13:20

感染症パンデミックにおけるAIによる
既存薬再開発手法とインテリジェンス基盤について

要旨

守本正宏(Morimoto, Masahiro)
代表取締役社長
株式会社 FRONTEO (略歴

13:20-13:30

Q & A

注:主催機関はプログラム及び講師を変更する権利を有します。

開催日時:

日本時間 2020年9月28日(月)10:00-17:40
     2020年9月29日(火)10:00-13:30
 ※9月28、29日ともに09:30から入室開始 (会場:台湾時間08:30から受付開始)

開催会場:

1. 会場(財団法人中華経済研究院蔣碩傑国際会議庁、台北市大安区長興街75号【地図】)
2. オンラインのライブ配信

受付対象:

関連分野の産官学研各界(優先受付)   ※主催機関は参加可否の最終審査権を有します。

使用言語:

中国語・日本語(全プログラムで中国語・日本語の同時通訳がございます。「名刺」と引き換えに、ヘッドホンをお貸しいたします。オンラインライブ配信には日本語配信と中国語配信に分けられております。)

登録締切

本日から9月23日(水)18:00まで受付終了(会場定員200名、オンライン定員300名)。
お見逃しのないよう、お早めにお申込ください。

入 場  料:

無料

申込方法:

オンラインの事前登録(実名制)

「個人情報保護法」の規定を遵守するため、本イベントで収集した申込者、連絡先情報(姓名、肩書き、電話、ファックス、e-mail等)は、イベントの通知、管理、サービス分析にのみ使用され、その他の用途では使用しません。

お問合せ:

中華経済研究院日本センター 02-2735-6006#5262 程、荘、#5261 謝
e-mail: tnstinfo@cier.edu.tw

注意事項

1.主催機関は申込状況により、オンライン申込の期限を調整することができます。

2.「事前登録」ボタンから申し込み(無料)をし、登録手続きを完了してください。
 他人の個人情報で申し込むと、法律違反になる可能性があります。

3.お申し込みが完了した方には、9月24日(木)にe-mailにて「事前通知か入室通知(視聴URL含む)
 お送りしますので、メールボックスをご確認ください。通知メールが届かなかった場合、お問合せ
 ください。

4.入場は実名制となりますので、身分確認の為、パスポートをお持ちください。その上、検温と座席の
 間引き (なるべく固定席化)などの規定を守り、室内1.5mのソーシャルディスタンスを確保できない場合、マスクの着用をお願いいたします。

5.不可抗力による要因により、主催機関は予告なく、プログラム及び講師を変更する権利を有します。

Download:

開催說明(PDF)

QRcode:

BANNER      BANNER  
 

Untitled Document
  • 本サイトを最適な環境でご覧いただくために画面解像度は1024×768にご設定ください。