Taiwan Nippon Science Technology -- 台湾のグループが技術突破 太陽エネルギーの水素エネルギーへの転換効率が20%アップ
Untitled Document

台日科学技術情報サイト個人情報保護条項



台日科学技術情報サイト(以下、本サイト)は個人情報の保護を実現するため、行政院個人情報保護法(以下、本条項)第8条規定に依拠し、下記事項を告知する。


個人情報保護法等の関連法令規定に依り、主管機関の許可する特定目的範囲内において収集した姓名、電子メールアドレス、会社名、住所・連絡先、郵便番号、国・地域、電話番号、ファックス番号、携帯電話番号、性別、職業等、前述した個人情報は、本条項とは別に約定がある場合、会員が違法、権利侵害、本条項に違反をした可能性がある場合、或いは本人の同意を得た場合を除き、本サイトは会員の個人情報を第三者に提供しない。

ただし、下記の状況下において、本サイトは会員の個人情報または関連する電気通信情報を調査または関連政府機関に提供するか、或いはその権利が侵害されたことを主張するとともに、証明するのに適当な第三者に提出する場合がある。もし下記状況の一つがあり、情報を調査または使用する者は、個人情報関連法令規定に違反しない。

(1) 法令規定に依る、或いは司法機関またはその他の関連政府機関の命令または規範に依る
(2) 会員の法令違反、第三者権益侵害、或いは本条項または使用すべき各種規範または約定違反
(3) 本システムの安全または経営者の合法権益を保護するため
(4) その他会員またはその他第三者の合法権益を保護するため
(5) 本システムの正常作動を維持するため
(6)前述以外に必要な事由で、訳もなく個人情報を公開するわけではない状況

このほか、本サイトに提供された会員個人情報については、行政院個人情報保護法第3条規定に依拠し、本人は以下の権利を行使することができる。
(1) 照会または閲覧請求
(2) 複製本の作成請求
(3) 補充または訂正請求
(4) 収集、処理、利用の停止請求
(5) 削除請求


もし上記の必要があれば、E-MAILにて本サイト管理者蔡(tsaiky@cier.edu.tw)まで連絡すること。このほか、本条項の関連使用規範及び約定は、すべて中華民国法令を準拠法とし、会員サービス、または本条項の関連使用規範及び約定により生じた争議は、それにより訴訟が起きた場合、台湾台北地方裁判所が第一審管轄裁判所となることに合意する。

×

台湾のグループが技術突破 太陽エネルギーの水素エネルギーへの転換効率が20%アップ   


台湾の再生可能エネルギー技術の研究で新たな突破があった。国立台湾大学材料科学と工程学科の陳俊維特別招聘教授が、台湾科技大学化学工程学科の黄炳照教授と東海大学化学学科の王迪彦助理教授で組織した「新世代エネルギー研究チーム」は、科学技術部の計画支援の下、超薄型原子層材料グラフェンとシリコン材料を結合させた新型光電化学水素製造技術を開発した。太陽エネルギーから清潔な水素エネルギーを作り出すのを手助けし、転換効率は既存の技術より20%もアップし、このほど研究成果が国際ジャーナルに掲載された。今後の応用と産業化について、陳俊維教授は率直に言ってまだ一定の時間が必要だとしている。太陽エネルギーを利用して製造した水素コストは従来の電力コストよりはるかに高い。ただし、科学技術が進歩するにつれて、再生可能エネルギーは広範に応用されるようになり、再生可能エネルギーのコストは徐々に低下していくことが期待されている。この技術がいつ軌道に乗るのかというと、技術の発展状況によるため、今のところまだ予測はできていない。



出所:中央社(2020-02-12)

Untitled Document
  • 本サイトを最適な環境でご覧いただくために画面解像度は1024×768にご設定ください。