Taiwan Nippon Science Technology -- 台湾大学の研究チームが世界初 「自撮り」で 迅速検査 5分で脳卒中リスクがわかる
Untitled Document

台日科学技術情報サイト個人情報保護条項



台日科学技術情報サイト(以下、本サイト)は個人情報の保護を実現するため、行政院個人情報保護法(以下、本条項)第8条規定に依拠し、下記事項を告知する。


個人情報保護法等の関連法令規定に依り、主管機関の許可する特定目的範囲内において収集した姓名、電子メールアドレス、会社名、住所・連絡先、郵便番号、国・地域、電話番号、ファックス番号、携帯電話番号、性別、職業等、前述した個人情報は、本条項とは別に約定がある場合、会員が違法、権利侵害、本条項に違反をした可能性がある場合、或いは本人の同意を得た場合を除き、本サイトは会員の個人情報を第三者に提供しない。

ただし、下記の状況下において、本サイトは会員の個人情報または関連する電気通信情報を調査または関連政府機関に提供するか、或いはその権利が侵害されたことを主張するとともに、証明するのに適当な第三者に提出する場合がある。もし下記状況の一つがあり、情報を調査または使用する者は、個人情報関連法令規定に違反しない。

(1) 法令規定に依る、或いは司法機関またはその他の関連政府機関の命令または規範に依る
(2) 会員の法令違反、第三者権益侵害、或いは本条項または使用すべき各種規範または約定違反
(3) 本システムの安全または経営者の合法権益を保護するため
(4) その他会員またはその他第三者の合法権益を保護するため
(5) 本システムの正常作動を維持するため
(6)前述以外に必要な事由で、訳もなく個人情報を公開するわけではない状況

このほか、本サイトに提供された会員個人情報については、行政院個人情報保護法第3条規定に依拠し、本人は以下の権利を行使することができる。
(1) 照会または閲覧請求
(2) 複製本の作成請求
(3) 補充または訂正請求
(4) 収集、処理、利用の停止請求
(5) 削除請求


もし上記の必要があれば、E-MAILにて本サイト管理者蔡(tsaiky@cier.edu.tw)まで連絡すること。このほか、本条項の関連使用規範及び約定は、すべて中華民国法令を準拠法とし、会員サービス、または本条項の関連使用規範及び約定により生じた争議は、それにより訴訟が起きた場合、台湾台北地方裁判所が第一審管轄裁判所となることに合意する。

×

台湾大学の研究チームが世界初 「自撮り」で 迅速検査 5分で脳卒中リスクがわかる   


自撮りでも脳卒中リスクが測定できる!台湾大学のグループは革新的な映像技術やAIコンピューティングモデル等を利用し、世界初の脳卒中迅速検査技術を開発した。特定設備で20秒の映像を録画し、頸部に現れる脈拍の動き等の画像情報だけで、5分以内に脳卒中の確率を正確に判定することができ、検査費用も従来の一割しかかからない。台湾大学の医師高憲立氏によると、この研究は台湾大学医学部附設病院心血管センターと5年間協力し、500を超える臨床案件を累積したほか、この一年間は百数個の症例を分析し、精度は九割を超えているという。今後は健常者と準健常者グループの早期リスク発見及び治療に協力し、より多くの疾病に広げていくという。なお、新技術である「脳卒中迅速検査」はすでに台湾と米国の発明特許を取得し、科学技術部の産学研価値創造計画の補助を得ており、グループは昨年スタートアップ企業「博想医学科技」を設立している。博想医学科技の許沛新CEOによると、今後はウェアラブルデバイスを発展させるか、または家の鏡の中に内蔵し、起きて歯磨きをして服を着替えたついでにスキャンすれば、自分の健康情報を把握できるようにしていくという。



出所:自由時報(2020-10-29)

Untitled Document
  • 本サイトを最適な環境でご覧いただくために画面解像度は1024×768にご設定ください。